社長あいさつ

 

4765A のコピー

代表取締役
近藤 一幸
Kazuyuki Kondo

ナゼロの家具 THE FURNITURE OF NAZERO

 日頃はナゼロをご愛顧いただき、ありがとうございます。私達は1905年(明治38年)に創業し、昨年110周年を無事迎えることができました。ひとえに皆様方の温かいご支援のおかげと、感謝しています。

 ナゼロは“健康デザイン”をテーマに、新製品を製作いたしました。機能的で美しく、色の豊富なイス達です。病院や高齢者施設はもちろん、ホテル、レストラン、銀行、空港やパブリックスペースに使える、安全で質の高い、美しい家具をお届けします。私達はこれまでの25年間、病院の患者さん、高齢者、出産を控えた妊産婦、子供や精神に疾患を持った人達のために、どんなイスが必要なのかを調べてきました。世界の多くの学会に出席し、多くの専門家の意見を取り入れ、病院や高齢者施設のイスを製作してきました。世界の多くの国が、これから直面する社会は“高齢社会”です。特に日本は、世界中でもっとも高齢社会が進んでいる国です。

 厚生労働省が示している“高齢社会白書”によれば、2025年には戦後の団塊世代が75歳になり、65歳以上の高齢者が人口の30%を超えるとの報告です。超高齢社会の到来ですが、これからのお年寄りは自分の趣味も多く、健康管理に気を配り、多くの国に旅行できる人達です。外国行きのフライトに乗れば、お年寄りが元気に夫婦や仲間と、行きたい国、食べたい料理、訪れてみたい美術館の話を楽しくしているのです。私達は若い人達に喜ばれる“デザインと色彩”、そして高齢者に必要な“安全性、機能性と安心感”を兼ね備えたイスを提案いたします。

 最近の外国の病院は、患者さんをクライアントと呼び、病院の顧客である患者さんを満足させるために、多くの力を注いでいます。家具も重要で、他人に気を遣わなくても良い“1人掛けのソファー”や、子供や年老いた両親と一緒に座る“2人用のソファー”を配置し、5星のリゾートホテルのようなしつらえをしています。私達ナゼロは、年齢や性別に関わりなく、“誰にでも、何処にでも使える家具”を目指しています。質の高い、安全で美しい、色彩豊かなナゼロの家具をぜひご利用下さい。

どうかこれからも、より一層のご愛顧をお願いいたします。

 

 

  • コンセプト
  • ピックアップ商品
  • 製品情報
  • 納入例