社長あいさつ

4765A のコピー

代表取締役
近藤 一幸
Kazuyuki Kondo

ナゼロの家具 THE FURNITURE OF NAZERO

日頃はナゼロの製品をご愛顧頂き、ありがとうございます。私達は長年、病院の患者さんや体の弱い高齢者の方達のために、安全で機能を持った、美しい家具を製作してきました。

病院の家具を開発し始めた25年ほど前、多くの病院は薬のいやな臭い、混雑する外来待合い、無機質でどこか冷たいインテリアなど、決して居心地の良いところではありませんでした。個室は贅沢と思われ、病室も4人床や6人床が主で、同じ病室の患者さんに、気遣いしながらの入院生活でした。訪問する家族、付き添いの方達も同じ思いでした。しかし、多くの研究者により、最近の病院のロビーは明るく、自然を取り入れた豊かな色彩のインテリア。医療機器を隠し、不安を感じさせない個室を多く取り入れるようになりました。患者さんや家族のストレスをなくすことが、早期退院となるからです。私達は当初からそんな病院の家具のお手伝いをし、多くの経験を積んできました。患者さんやその家族、スタッフに寄り添う家具作りです。

そして今、私達を取り巻いている環境は高齢者の増加と、人口減少という急激な社会変化です。そのような新しいニーズに向けた家具を、新たにお届けいたします。これからの社会で必要な家具は、健康な成人だけでなく、お年寄り、子供、身体に障害を持っている方々が、共に安心して使うことができる家具です。外国からの訪問客も多くなり、それぞれの事情に合わせて使うことが可能な家具です。そうした家具は私達が携わってきた病院に大きなヒントがありました。病気を抱えた人、身ごもった女性、子供、体の弱いお年寄りが外に出て、一緒に暮らせる家具です。見かけの美しさも大事ですが、安全で使いやすい事はもっと大事です。ぜひ試してみてください。

又、日本は多くの災害に見舞われました。多くの方がいまだ苦しい生活を余儀なくされています。私達の家具がそんな場所でも、役に立てばと思っています。ナゼロの家具が多くの方に喜びと、豊かさをもたらすことを願っています。どうかこれからも、より一層のご愛顧をお願いいたします。

  • トピックス
  • ピックアップ商品
  • 電子カタログ
  • 納入例